神保町に行ったら「ぼくの東京案内」が置いてあったので

昼間、神保町にいった。古本屋街は久しぶりである。前はよく通っていたのだが、神保町の古本屋は高いのである。それが分かってからあまり行かなくなった。どこにでもあるブックオフは本を探しにくいのだが、安いのは確かである。

いつだったか、絶版になった岩波新書を神保町に探しに行き、なんとか探して購入できたのだが、1500円もした。ところが、数日後、何の気なしに入ったブックオフでたったの100円だったのだ。

今日はぼくの東京案内 (植草甚一スクラップ・ブック)を見つけて購入。

スポンサーリンク