蒸し暑い36キロ夜はゲリラ豪雨

昨夜は昔の仲間と終電近くまで飲んでいたので寝坊。

私より年上のおじさんは、酢玉ねぎ+ショウガで中性脂肪と体重がぐっと落ちたそうで、顔の肌がきれいになり、くちびるの色がきれいになっていた。

玉ねぎは毎日食べているけど、酢玉ねぎを補充するのが面倒になり、最近さぼっていた。また仕込まなければ。8月の天候不順で体調のすぐれない方はためしてみる価値があるかもしれない。

昼間、カクヤスがビールを配達に来た。知人が送ってくれた。ありがとうございます。

東京都は8月に入って18日連続雨が降ったのだそうだ。毎日都心で降っていたわけではなくて、都内のどこかで雨が降ったということなのだと思う。何しろ局地的に降るので毎日降っていたという感じもしないのだが。

しかし、14日から16日までは朝から雨が降っていた。おかげで走れない。このところ2ヶ月で1500キロ走っていたので、自分としては、なかなかよいペースなのだ。

短い期間に長い距離を何本も走ると疲労がたまるが、コンスタントに適当な距離を走るのは、疲れないわけではないけど疲れにくくて、何より体調がよくなる。

疲労といえば、乳酸。最近、乳酸について調べていた。乳酸はブドウ糖を分解する解糖系の最後、ピルビン酸から先に進まないときにできる物質だが、解糖系が発見されるまで、糖からエネルギーを取り出す最終物質だと考えられていたと初めて知った。

この記事では、乳酸が発見されてから乳酸学説によって乳酸がエネルギー代謝に深く関係していると思われていた時代までを調べて、なぜ乳酸が疲労物質だと考えられたのか書きます。乳酸について、疲労物質だといわれてきて、体にはなんとなく不要で代謝されるべ

雨が続くと走れないのでCDの整理をした。90年代に買ったCDを久しぶりに何枚か聞いたら、95年以降に発売されたCDはそれ以前のものに比べて音がはっきりよくなっている。

安らかにおやすみ モーツァルトアリア集 R・シュトラウス歌曲集はジャケットが気になって買ったのだが、じつに選曲がよい。R.シュトラウスのオーケストラ伴奏つきの美しい歌曲をこのCDで初めて知った。シェーファーのメジャーデビュー盤なのだそうだ。伴奏はアバド/ベルリンフィル。このあと、シェーファーのCDを出る毎にしばらく買うようになった。

メゾソプラノのバルトリのCecilia Bartoli Live in Italyも買った当時、1998年くらいだったか、毎日のように聞いていた。歌声と音が爽やかでなんともよいのだ。前半は古楽の伴奏で、後半はJean-Yves Thibaudetがピアノ伴奏をしている。

10時過ぎから駒沢公園へ。今日は雲が低くどんよりしていて少し蒸し暑い。今日も一雨降りそうだ。8月になって雨が降るせいか、湿度が高い日ばかりだ。

今日は走っている人が多かった。自転車も何人か。こんな天気だったから雨が降る前にひとっ走りしておこうと考えているのだろう。

湿度は高いが気温はそれほどでもないので、走っていると涼しく感じる。陸上競技場では高校生の大会が行われているようだ。

子どもの夏休みはもうすぐ終わるが、こんなにはっきりしない天気の8月は記憶にない。セミは相変わらずうるさくて、走っていると体にぶつかってくるようになっている。

夕方、雨が降りそうだったが、雷鳴がする中買い物に行って帰ってきたところで、ヒョウが降り始めた。屋根がカンカンカンカン鳴りバウンドして落ちてきた。見るとゴルフボールくらいの大きさ。

すぐにものすごい勢いで雨が降り出し、雷が鳴って、風が強く吹いた。久しぶりにひどいゲリラ豪雨だった。

19時過ぎまで降っていたのだったか。今日は多摩川花火大会だったそうだが、中止になり、他の花火大会も始まって10分で中止だったとか。ニュースを見ると、花火見物などできるような状態ではない。

雨が止んだら一時蒸し暑くなったような感じがしたが、寝る頃には涼しくなった。これで19日連続雨が降った。

八百屋に行くと野菜の値段が上がり始めている。最近、素麺を食べるのでネギでも買おうと思っていたのだが、一把300円くらい。2倍くらいになっていた。

総走行距離65713キロ

スポンサーリンク