DENONプリメインアンプPMA-CX3の顛末

年末に買ったDENONのデジタルアンプ、PMA-CX3のノイズ問題がなんとか解決した。アンプの電源が入るとテレビの1CHと4CHに干渉していたのだが、テレビと離れたコンセントから電源をとったらほとんどノイズが入らなくなった。どんなノイズかというと、テレビにアンプの音に合わせて縞模様が入るのだ。

一応別なコンセントから電源とったら解決ということにしているのだが、このアンプそういうこともあるということだ。もし、メーカー対応?があるようなら教えてほしい。

当初、何でこんなノイズが入るのだろうと思ったのだが、デジタルアンプというのはスイッチング電源というのを使っているためにノイズの心配はいつでもあるのだそうだ。

近くのコンセントから電源をとったり、フェライトコアを電源ケーブルにかませてもまったく効き目はなかった。DENONに聞いたら電圧が下がっているのではないかということだったが、テスターを持っていないので分からない。

一緒に買ったCDプレーヤーDCD-CX3も関係あるのかと思っていたが、こちらの電源を切っても関係なかった。要するにアンプからのノイズなのだ。それ以外は不満はない。低音がよく出るよいアンプだと思う。予算ができたらスピーカーを新調したい。

070203

追記:この記事を書いたのは2007年。9年経ってオーディオ業界はさらに縮小しているようだ。若い人たちは、携帯プレーヤーとヘッドフォンで音楽を聴くのが当たり前なのだそうだ。CDを買わないとか。

このアンプが出た当時は、オーディオ装置の小型化が考えられていて、PMA-CX3はその走りだったのではないか。カッコよいし、値段もこのサイズでは高い。高級品だった。しかし、時代はもっと先に行ってしまい、携帯プレーヤーに慣れた人にはオーディオ装置は必要ないようだ。

PMA-CX3は90MHzあたりにノイズが出ていたので大分悩まされたが、時代が変わり、地デジの時代になれば周波数が変わって何も影響はない。

一度、このアンプを登山用のリュックに入れて、オーディオ気違いの後輩宅に行って、彼の高級な装置につないでみたことがある。そして分かったのは、このアンプには力がないということ。

きれいな音は出るが、一瞬のアタック音に弱い。一瞬音が濁るのだ。後輩の高級アンプで同じCDをかけてその差にびっくりした。

もし、中古でPMA-CX3買おうと考えている人がいたら、最近のデジタルアンプと聞き比べてから考えた方がよいと思う。デジタルアンプは確実に進歩していて、安くても音がよい。私が買ったのは2006年の年末だった。もう10年前のことだ。

スポンサーリンク