羽村阿蘇神社まで94キロ

10月最後の日曜である。今日は晴れた。しかし、昨日会社から戻ってきたのが23時を過ぎていたので、起きても身体が動かない。結局スタートは、11時。羽村往復90キロコースである。

そろそろ半袖ではつらいと思ったが、思いの外暖かいので、上はTシャツ下はジャージはいていった。そろそろ尻パッド入りのロングパンツも欲しくなってきたのだが、現在金欠病なので、しばらくおあずけなのである。北海道からの情報によるとパッド入りパンツは、かなり調子がよいらしい。

運動するのにはちょうどよい気温のせいか、多摩川は混んでいた。時間が遅いせいでもある。今日は一人で走っているので、行きは時速30キロキープをやってみることにした。いつもは軽い方から二枚目のギアを使っているのだが、このギアで30キロ走行になるとから回し気味になるので、三枚目のギアを使った。ケツの下の方の筋肉を意識して、踏むよりは回すつもりでペダルをこぐ。踏むと、ももの前側の筋肉が張ってくるのだ。

府中のバーベキュー場は、今日も大にぎわいである。昼時だから、炭が燃える匂いと肉の匂いが混ざっていてたまらないのである。炭とか薪が燃える匂いというのは、心のどこか深いところを妙に刺激されるものだ。あれは一体なんだろう?

たくさん人がいると中には変わった人もいるものだが、今日もいた。マウンテンバイクにかなり大きなステレオラジカセをつけて、カラオケを流して、草笛を吹いていたオジサンがいたぞ。曲名は「ドナドナ」である。何でドナドナなのか、なんで草笛なのかは時速30キロで走行中だったので聞けなかった。荷馬車も走るが、オレも走っているのである。

今日は一回だけ休憩をとり、自宅から2時間で羽村取水所までついてしまった。まだ13時である。

tama210271

みんな思い思いに楽しんでいた。

tama210272

このまま引き返すのももったいないので、玉川神社に参拝し、ついでにちょっと先にある阿蘇神社というところにも行ってみることにした。

いつもの玉川神社である。

tama210273

阿蘇神社は、奥多摩街道からはずれて羽村の住宅地の中にあるのだ。行ってみると、玉川神社よりも落ち着いた風情のある神社であった。早速参拝し、おみくじがあったので引くのである。私はおみくじマニアである。

tama210275

この周辺も農地と農家が多く明るい感じのするところで、なんかよいところであった。羽村あたりからは、多摩川の上流の風情が出てくるので、落ち着くのだ。私は山が好きなのだと、こういうときに思うのである。

何とも懐かしい看板があった。

tama210274

帰りは、三崎屋さんに前に教えてもらっていたそばや『たま川』に寄ることにした。ここは、拝島橋のそばなので、結構戻る。行ってみると15時までの営業なんだとか。最後の客が私であった。

tama210278

大もりを頼んだが、手打ちなのに600円だった。味は、この間の青梅のそば屋の方がうまかったですな。今日はたいして走っていないのでビールは飲まなかった。こんな自分をほめてやりたい。

tama210279

帰りは向かい風が結構吹いてきた。また、時速30キロキープで行こうと思ったが、結構キツイ。時速25キロ~27キロで巡航する。秋の日はつるべ落としというが、15時を過ぎると夕方の風情である。しかし、今日は二子玉川の夜景を見なくてすむ。

tama2102710

自宅に戻ってきたら16時半であった。さて、ビールでも飲むか。

本日の走行距離94.80キロtotal 1972.7キロ
体重:69.8㎏
体脂肪:22%

スポンサーリンク