北海道旅行1日目

遅い夏休みをとった。15日から6連休だ。こんなに休みをとるのは夏休みだったら4年ぶりくらいか。15日はヨガ。16日はだらだらして17日の早朝に北海道に向け出発。ずっと続く暑さで消耗している。スカイマークのweb割引で航空券を買ったのでかなり安かった。苫小牧に住む友人を訪ねていく。暑いので涼しいところに行きたいという気持ちがとても強い。うちを6時半くらいにでて、品川から京急に乗って羽田空港へ。

Exif_JPEG_PICTURE

前日に調べたら、羽田空港のお店は早朝から営業している。さすが。甘党の友人にはとらやの羊羹を買っていくことにしていたので、重たいものは現地調達にしていた。8時半前の便で出発。よく晴れていたが、北海道に近づくと曇っていた。

Exif_JPEG_PICTURE

新千歳空港には10時くらいについた。北海道らしい看板が目につく。私も好きなのだが、サッポロ 北海道限定サッポロクラシックの広告が多い。確かにあのビールはとてもうまい。本当は自転車を輪行しようと思っていたのだが、かなりよいケースに入れないと自転車が壊れてしまう可能性が大だったのでやめた。

それでレンタカーではなくてレンタルバイクを予約していたのだが、天気がよくなくて空港でキャンセルした。私はペーパードライバーなので、レンタカーは負担なのだ。車幅感覚がないので左側が困る。しかし、こっち来たらそんなことは大して気にしなくてもよいくらい道が広かったが・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

新千歳空港からJRがでていて隣の南千歳駅で乗り換えて苫小牧行きに乗る。ホームで列車を待っていると、空気がよいことと、その辺に生えている草木が東京とは違うのが分かった。北国の草木は色といいなにやらさびしげな雰囲気なのである。

ただし、9月も下旬になろうかというのに気温は高く蒸し暑い。東京から行ったのにベタベタした湿度の高さを感じるのだ。それと、北海道はウイルコムには厳しい環境だ。すぐに圏外が出る。ウイルコムもスマートフォンを出したが、私はメールと通話ができればいいので、まだまだ粘るぞ。

Exif_JPEG_PICTURE

苫小牧についたら小雨だった。駅前はさびれた印象だ。駅の北側と南側にそのままショッピングセンターに通じる通路があって便利だったが、活気があるとはいえない印象だ。私が高校生の頃は、苫小牧東部開発という事業が進んでいたので、街がこれから発展していくだろうなという印象だったのだが、いまはとてもさびしい。

Exif_JPEG_PICTURE

しかし、駅舎だけは立派になった。

Exif_JPEG_PICTURE

まずはコインロッカーに大きなザックを入れてデイパックを背負って歩き始めた。駅前の道を海の方向へ。人があまりいなくてすれ違うことも少ない。昔の記憶をたどりながらなんとも懐かしい建物を見ながら歩いた。距離感がすっかりおかしくなっていて、昔は歩くのにずいぶん時間がかかったような気がした通りは、とても短い距離しかなかった。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょうど昼時だったので、歩いて数分のところにある満龍というラーメン屋へ。

Exif_JPEG_PICTURE

味噌を注文。700円。昔食べた味はこんなだったのかな。もやしがもっと乗っていて舌がやけどしそうなくらい熱かったと思う。ラーメンもはやりすたりがあり、サッポロラーメンは今は元気がない。子供の頃から何十杯も食べたラーメンだ。もっとがんばってほしいと思った。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみにお店の中はこんな感じなのだ。

Exif_JPEG_PICTURE

ラーメンを食べてから、昔商店街だったところを歩いた。今日は祝日だということもあるが、シャッター街になっているようにも見える。こんな渋い自転車屋さんもあった。何かの撮影に使えるのではないか。

12091711

本当にシャッター街のようになっている。昔の記憶がほとんどないので、昔どんな感じだったか思い出せない。

12091712

なんだか古い映画館みたいな奥行きがある建物だが、老舗の洋食屋さんだ。

12091713

第一洋食店というのだ。

12091716

駅前方向に戻り、王子製紙の社宅の方にいってみた。昔はダイエーだった建物が老朽化していて、しかも中がさびれていてちょっとさびしい。

12091718

道を曲がったらハマナスの木があった。とても懐かしい。バラ科の植物で花はよいにおいがして、やはりトゲがある。

12091719

ハマナスには、結構大きな実がなる。

12091720

昔のアパートが残っていた。製紙工場は木の破片であるチップを煮るので、蒸気がでる。それをパイプに通して社宅の暖房に使っている(少なくとも昔は)のである。生えている木が東京とは違う見慣れないものなので、なんだか外国に来たような気分になる。

12091721

社宅アパートの入り口がこんなに段差があるのは、冬の積雪対策なのでしょう。

12091722

苫小牧のシンボルは、やはり王子製紙の煙突だ。しかし、昔とちがってくさくない。

12091723

雨がぱらつく天気だが、駅の反対側にある高校にも行ってみた。野鳥が多くそばに来てもなかなか逃げないのだ。こんなに自然環境がよかったっけ?

12091724

クヌギの木にドングリが少しだけついていたが、まだ青い。9月の下旬になろうかというのに気温は25℃でものすごく蒸し暑い。変な感じだ。

12091725

途中で見つけたアパートの看板。安いなあ。

12091726

駅に戻ってきて1日目終了。

12091727

駅前の東横インに泊まった。安くてサービスがよくてよい感じのホテルだ。夜は、友人とビール飲んで夕飯食べて早々に寝た。

スポンサーリンク