北海道旅行~苫小牧へ2日目

朝6時に目が覚めた。いつも通りヨガをやって今日は朝食。無料サービスがあるのだ。軽く済ませて、自転車を組み立てて9時半スタート。何しろ自転車を組むのはホイールをつけるのと、私の場合は、ハブダイナモのライトをハンドルに取り付けるくらいのことで、何もむずかしいことはない。

今回はEOS5DにEF28-70mmF2.8Lをつけていった。メモ代わりのポケデジは持って行かなかった。重たい一眼レフはマメに取り出して撮るのはとても不便である。朝の空気はとても冷たい。mont-bell ライトシェル サイクル ジャケットを着て走ったがこれではまだ寒くて、上にウインドブレーカーを1枚足した。もちろん手袋は必要で、帽子もほしかったくらいだ。

1時間も走らないうちにこのような風景が広がる。勇払原野という湿地帯なのだ。私は山のある景色が好きなのだが、この辺はどこまで走っても平野だ。この柵を越えた何キロ先に人家があるのか分からない。

13103101

見づらいと思うが、水たまりで赤とんぼがちょんちょんと産卵中であった。10月31日の風景としては昔では考えられない暖かさだ。

13103102

グラウンドから工場を撮ってみた。使用率が低いのだろう、ふかふかの芝生だ。

13103104

このあたりは、千歳空港に着陸する飛行機の進入経路になっていて、飛行機が頻繁に高度を下げながら飛んでくる。

13103106

昔懐かしい道を歩いてみた。木が植えられよく整備された道だったんだなと分かる。

13103107

昼前だったが、鳥よしに行ってみた。私の記憶ではほとんど食べたことがない。何しろ10時半から13時までの営業時間なのだ。まだ、お店には数人しかいなかった。食べログでは麺が伸びていると書いてある記事が多いが、人が少ない間はそんなことないみたいだ。

サッポロラーメンとは違う、とんこつベースの優しい味。麺もかん水を使った真っ黄色の麺ではない。とてもおいしい。こんなにおいしかったのかと思った。東京のラーメンはあれこれ入りすぎていてしつこい味が多いが、これなら若者でない年齢の人にもよいだろう。

13103109

勇払マリーナの近くから海岸におりてみた。このあたり、1年中波が荒くてちょっと怖い感じがする海だったのだが、今日は凪いでいた。こんな静かな海は昔は見たことがない。記念によく砂で磨かれた石を一つ拾った。

13103110

まだハマナスが咲いていた。10月31日である。やはり今年も暖かかったのだろう。草も青々としていた。

13103111

勇武津資料館にいって見た。ここは新しい建物だ。話し好きの館長さんがいろいろ説明してくれた。住む人が大分減っているらしい。

13103112

中学校へ。卒業以来初めて校舎に入った。教頭先生に案内していただいた。もちろん写真をたくさん撮った。

13103113

小さい中学校だが、グラウンドは広い。

13103114

先生にことわってグラウンドにおりた。何十年ぶりかでマウンドに立ってみた。

13103115

中学校に2時間近くいたので、もう日が傾き始めた。北海道の日は短い。16時になるとかなり暗い。小学校にも寄ってみようと思っていたが、時間切れだ。無人駅になった勇払駅。

13103116

苫小牧駅前に戻り、体が冷え切っていたので風呂に入った。そして夜は苫小牧ビール園でジンギスカン。飲み放題食べ放題で3300円。肉もタレもうまくてかなり食べた。今日は昼の鳥よしのラーメンと夜のジンギスカンで大満足だ。走行距離は40キロほど。

13103117

スポンサーリンク