スパイスを買いに合羽橋に行ったら犬印鞄製作所があった

今日は天気がよくない。朝走っていると腰が疲れるのだが体調はよくなる。自転車を買ったのが2002年だったが、翌年の2003年からスパイスを買ってきてカレーを作るようになった。きっかけはカレーな薬膳という本だ。この本を持っていってアメ横の大津屋さんにスパイスやら材料を買いに行ったのがスタートだった。簡単そうなムングダルカレーを作ってから、美味しくてはまってしまった。当時、晶文社は秋葉原の外れにあったのだが、何度も何冊も買いに行って会社の女性やら知人に配っていたので、途中からほんの少しだけ値引きしてくれるようになったのは笑い話だ。何で直接買いに行ったかというと、その当時でも少し入手しにくくなっていたのだ。

時々、入手不可能になるが、長く売れる本なので大丈夫だ。増刷してくれます。カレーは体調がよくなるので好きだ。昨年までは、お茶の水のエチオピアのチキンカレーと豆カレーを偏愛していたのだが、今は食べに行くだけで金がかかるのでパスしている。

今日はターメリック、カルダモン(ホール)、クローブ(ホール)がなくなっていたのでギャバンのスパイスの品揃えがよくて安い合羽橋の本間商店に行って来た。ギャバンのスパイスは、たいていのラーメン屋さんに黒胡椒が置いてあるからポピュラーなのだが、実際、品質がとてもよい。そして少し買う量を増やせばかなり割安になるのだ。うちは冷凍庫で保存している。

カルダモンやクローブは芳香系のスパイスで、肉を使ったカレーに使うものなのだが、お茶の水エチオピアの豆カレーを偏愛する私としては少しでも近づきたいと思っている。エチオピアの豆カレーはひよこ豆がたくさん入っているが、カルダモンやクローブがかなり立っているのだ。

14102101

合羽橋に行ったのは久しぶりなので、あちこち店を冷やかして歩く。包丁の専門店は店内で研いでいたりして興味深い。少し歩くと自転車が置いてあり、よく見るとTOEIのランドナーだった。犬印のフロントバッグをつけている。懐かしい。昔、ランドナーとかキャンピング車につけるバッグは犬印の帆布製のものが一番のブランドだった。私も持っていた。昔はカーキ色しかなかったように思う。

14102102

犬印鞄製作所、以前はなかったけど合羽橋にお店を出したようだ。いろいろな商品があったが一番興味があったのは、道具袋というか道具巻。いいなあ。

14102103

スポンサーリンク