自転車で、やせたい。多摩川・駒沢公園サイクリング日記blog

自転車ダイエットのために駒沢公園と多摩川サイクリングロードを走った記録ブログ。東京の自転車乗りです。

8月28日(日)保江邦夫「名古屋」講演会のお知らせ

名古屋の20年来の友人、つげさんが初めて保江邦夫さんの講演会を主催します。

保江邦夫さんは、東北大学理学部天文学科卒業、京都大学理学部大学院で、名古屋大学理学部大学院で理論物理学を学び、その後ジュネーブ大学に職を得て、現在は、岡山のノートルダム清心女子大学大学院教授。理学博士で、専門は数理物理学。主に確率論の枠組みで量子力学や場の量子論の基礎づけを行ってきた方だそうです。

私があれこれ書くより、ウイキペディアの記事があったのでそちらを見ていただいた方が早いです。

保江邦夫さんのウイキペディア記事

私も彼の影響で保江先生の本はかなり読んでいますが、東北大学理学部天文学科を志望した動機が、子供の頃見たUFOの研究したいということだったそうです。18歳までその気持ちを持ち続けて大学に入学するのがすごいと思います。

それから京都大学の大学院に進学し、途中で名古屋大学に移って、ジュネーブ大学に職を得る話は、本で読みましたがかなり面白いです。

本はたくさん書かれていて、ブルーバックスから、世界一周旅行記、合気道、あやしげな本からご専門の物理の本まであります。

私はあやしげな本がとても面白くて好きです。

保江邦夫さんの本一覧

保江邦夫さんは、先月の参議院議員選挙で、日本のこころを大切にする党から東京大学の教授だった矢作直樹さんやその他の候補者の方々と立候補しましたが、残念ながら落選しました。私は選挙に興味はないのですが、一応書いておきます。

もし、ウイキペディアの記事を読んで面白そうだなと思ったら、名古屋周辺にお住まいの方は、講演会に行ってみるとよいと思います。

保江邦夫さんの本は面白いので好きな方がいらっしゃるのは知っているのですが、講演会のお知らせは、出版社主催でないとあまり広く知られないのではないかと思って記事にしました。

2016年8月28日保江邦夫名古屋講演会

もともとのイベント記事はこちらです。


駒沢公園を朝晩走った53キロ日焼けした

朝3時に目が覚めた。そのまま起きて窓を全開にしてヨガ。最近、湿度が低く朝方気温が下がるので助かる。

昨日、win10を入れてみた。あまり好ましくないと思ったが、しばらく使ってみることにした。どこに何があるのか宝探しのようになるのは、よくないと思う。

明日は都知事選挙だ。ニュースに出るのは主要な3人で、他の泡沫候補(?)は呼ばれないのだが、政見放送を見ると結構面白い。

梅雨明けしたら真夏の太陽だ。今日は暑くなるだろうなと思った。

先週金曜日にポケモンGO騒動が始まった時は、駒沢公園でも夜に特定の場所に人がたくさんいたので何ごとかと思ったのだが、土曜日は多かったが、日曜日はそれほどでもなかった。

今日は、午前中に25キロ。まだ7月なのだが、セミが下の方まで降りてきている。明日は雨だそうなので、今日は50キロ走っておく予定。午前中はまだ湿度の低さを感じられる余裕があった。駒沢公園は木が多いので、少し涼しい。

16073001

それでも日差しは強く、手の甲が赤くなっていく。

ほぼ快晴に近く、このくらいの気温だったら羽田に行ってもよかったなと思ったが、多摩サイは日差しをさえぎるものがないので結構暑い。

16073002

新築中の体育館は、屋根がだんだんできてきている。

16073003

家に帰って昼飯を食べて少し昼寝。16時過ぎに外に出たらすごく暑い。今日は32℃まで上がったようだ。

夕方日が沈む頃大分涼しくなった。

16073004

明日もよい天気になりそうだ。

16073005

現在までのデータは次の通り。
本日の走行距離53.14キロ
total 57790キロ
走行時間3時間29分36秒
平均時速15.2キロ
本日の体重:72.2キロ
本日の体脂肪:22%




七帝柔道と駒沢公園51キロ

5時前起床。よく晴れていて湿度が少し低い。ヨガをやって参議院議員選挙の投票に行った。いつも投票率が問題だといわれながら、今回、テレビではどこも参議院議員選挙のことをほとんどやらない。以前なら、候補者を追っかけて日焼けした姿をよく映したものだったが。

今日も気温が上がりそうだ。一昨日、二子玉川のホームに降りたら、多摩川の河原からキリギリスの鳴き声が聞こえた。今年はセミは6月末から鳴いていて、キリギリスは7月8日に鳴いていた。梅雨明け前なのだが、前倒しで真夏が来たような感じだ。

昨日、ツイッターを見ていたら、七帝柔道(第65回全国七大学柔道優勝大会)を今年は東京でやっていて、今日、日体大で2日目が行われるのが分かったので見に行ってみようと思った。きっかけは、七帝柔道記が今時めずらしい、とてもまっすぐな本で面白かったのだ。日体大は、駒沢公園から数分の距離である。

多摩サイを走り始めて14年。いつも日体大の横を走っているが、何年前だったか忘れたが建て替えて立派な建物になっている。柔道場は右側の入口を入って地階にあった。

16071006

さすがオリンピック選手を輩出する体育大学で、設備が立派でびっくりした。昔の大学とは大違いだ。駒沢公園でやる大学の試合はたいてい入場料を取られるのだが、この大会は入場料は取られなかった。かなり年配な人も含めたOBがたくさん来ているのが分かった。

ちょうど行った時は、準決勝の北大VS東北大の試合をやっていた。柔道場に入ると、久しぶりに高校や大学の武道場のにおいがした。

これは何をやっているのかというと、場外でもみ合っているので審判が同じ姿勢のまま場内に戻しているのである。

16071001

このような位置で再開だ。オリンピックで見る柔道と違って寝技の攻防なのだ。派手さはないがねちっこい。途中で分厚い柔道着の背中が破れてしまって着替えていた。体は大きくないのだが、筋肉がすごい。

16071002

次の試合は、北大の選手が明らかに強く、東北大の選手は負けないようにする作戦のようだった。途中で指導を受けていたが、テレビ受けや視聴率を考えるようなルールの大会ではないので、ただひたすら精神力と体力の戦いである。

16071003

印象に残ったのは、見学している大学の選手の身体感覚だ。東京で暮らしていると満員電車に乗ると他人と接触すると不快に思うことが多いので、なるべく他人に接触しないように配慮するようになる。ところが、選手達は四六時中他人に接触しているせいか、「すみません」といいながら体にさわっていくので距離感がかなり近い。こういうのは面白いなと思う。

北大VS東北大は、東北大が勝ったようだ。

16071004

柔道場は冷房などないので、準決勝だけ見て外に出た。京大チームは身長が低い選手が多かったが、強いのは技巧派なのだろう。ヒクソン・グレーシーと闘った北大OBの中井祐樹さんもいらしたが、身長は高くない方だった。今時は、格闘家もラグビー選手もみんな体が大きい人ばかりだ。すごいなと思う。

外に出ると、こんな垂れ幕が下がっていた。

16071005

午前中は25キロ走って、夕方もう1セット走った。今日は暑くなったが湿度はあんまり上がらなかったようで、日暮れ時はかなり涼しく感じた。

16071007

この雲がだんだん延びてきて地震雲みたいになっていた。大丈夫かね。

16071008

現在までのデータは次の通り。
本日の走行距離51.90キロ
total 57342キロ
走行時間3時間10分16秒
平均時速16.3キロ
本日の体重:73.6キロ
本日の体脂肪:22%