しあわせな夕方だった30キロ

5時起床。いつものようにヨガを始めるが、あれっ、なんとなくダルい。一通りやってからもう一度寝た。

昨夜は天気予報で明け方の気温が下がるといっていたが、東京都心の最低気温は18.3℃だったとか。夢のような気温である。気がつけば無意識に掛け布団を引っ張り出して寝ていた。

きょう18日も日本列島は秋の空気に覆われて、広くヒンヤリした朝になりました。けさの最低気温は東京都心で18.3度と7月7日の七夕以来10度台となりました。

今週は水曜日にどうやら風邪を引いたと自覚して寝ていたが、夏風邪はくたびれる。ただ、気温と(特に)湿度が急激に下がって助かった。

昨日は、朝、目黒不動尊まで散歩したら、トンボがたくさん飛んでいて、赤トンボではなくシオカラトンボを見た。子供の頃はよく見たが、最近はあまり見ないような気がする。

シオカラトンボ

午後は、九段下から神保町経由で、お茶の水の橋を渡って神田明神まで歩いた。自転車に乗るのと歩くのは使う筋肉が違うので、歩くとなかなかくたびれる。

個人的な印象だが、九段下はお堀が近いのに、いつ行っても空気が枯れている印象がある。歩いて数分の神保町の方が歩いていても空気がしっとりした感じがする。

昔ながらのナポリタンがおいしいさぼうる2に行列はなかったが、隣の喫茶店さぼうるには、お店の前で順番を待つ人がいた。14時はとっくに過ぎていたと思う。涼しくなったから待つのを我慢できるんだろうなと思う。

お茶の水駅から橋を渡って神田明神に参拝。なんとなく萌え神社になりつつあるような印象があるが、平将門を祀ったパワーはなかなか強力だと聞いた。

男坂を下りて、秋葉原へ。先月はSSDが安くなったのが分かったけれど、今回は、HDDの値段が下がっていた。

秋葉原を歩くと、以前と比べて外国人がとても多いのが分かる。ワールドワイドなオタクの街になったのかもしれない。

秋葉原に昔からある、若いお姉さんがよく分からない画というかプリントを売るお店も、ターゲットを外国人に変更したらしく浮世絵のプリントを売っていた。

今日は16時半くらいから駒沢公園へ。明らかに涼しい。

湿度が高く気温の暑い日に走ると、耐えるしかないが、今日みたいな日は走るのが楽しい。蒸し暑さを感じない。なんて幸せなんだろう。

夕方だが走っている人が多い。体が楽になったので喜んでいる人が多いのだろう。私も同じだ。

こんなに気温と湿度が下がると多摩サイに行こうという気になる。ゆっくりと水を飲みながら止まらずに30キロ。

いろいろなことが心に浮かぶが、それが楽しいと思えるようになったのが季節の変化だと思う。

総走行距離71495キロ

スポンサーリンク