多摩川ではキリギリスが鳴いていた

二子玉川駅で電車を乗り換える時、ホームで待っていると、多摩川の河原からキリギリスの鳴き声が風に乗って聞こえてきた。今日は7月4日である。

去年もキリギリスの鳴き声を聞いたのは早かったなあと思った記憶がある。

私は北海道で育ったので、キリギリスは8月の昆虫だと思っていた。キリギリスをつかまえるのは小学生ながら特殊技能のようなものだった。夏休みには宿題がわりに昆虫の標本を作ったりするのだが、やはり大物を入れたいと子ども心に思う。

しかし、私のような「どんくさい」少年には、キリギリスの鳴き声が聞こえていても姿が見えない。昆虫採集は草むらの中で保護色のような体の色が見えるか見えないかで成果に大きな差が出る。

私が子どものころは、ネギの白い部分を使ってキリギリスをおびき寄せていたのだが、私は全然見えなかった・・・、なんてことをいつも思い出す。

スポンサーリンク