天寶一うまい福山の酒

天寶一の杜氏さんになった後輩から酒を送ってもらった。杜氏さんになったのだから、いまさら「後輩」などとえらそうな先輩風は吹かせてはいけないと思う。こちらは、口先三寸のしがないサラリーマン生活である。

しかし、うまい。酒が届いたのはわずか数時間前だ。こういうのを飲みつけると、変な酒は飲めなくなると思う。ここのラベルは渋くて好きなのだが、ほとんどお姿を見たことがなかった。ネットで調べたら都内の酒屋さんではほとんど扱われなくて都内では日本橋高島屋がほとんど唯一の取り扱い店みたいだ。

新宿にある広島ゆめてらすには4合ビンのみ置いてあるらしい。しかし、最近、閉店される酒屋さんも増えている。こだわりの日本酒を探すのも骨が折れる時代になってきた。もったいないので、ちょっと味見したあとは、カッパ橋で買ってきた真空酸化防止フタ、バキュバンを取り付けたのである。週末にかけてしっかり飲ませていただこうと思っているんだ。天寶一の皆さんの奮闘の記録はこちら

tenpo502041

スポンサーリンク