やれやれ修正作業は大変だ

スポンサーリンク

5時起床。明るくなるのが遅くなった。やっぱり4時に起きる方がいいな。すっかり涼しくなって、まだツクツクボウシが鳴いているが、すっかり秋なのである。

この「自転車でやせたい」ブログ、画像リンクエラーがこれを書いている現在、1800くらいある。修正は、なかなか長い道のりになりそうだ。1日のうち、どこかで小一時間作業をするようにしている。ただ、このブログは私の42歳からのライフログも兼ねているので、必要がなければ絶対にしない過去記事の修正をすると、新たな発見があって面白い。

最近、芸能人の自殺が連続している。少し前に竹内結子さんが自殺したと早朝のニュースを見て、「なんで?」と思ったと同時に「死んじゃうんだ」とも思った。その意味は、死んじゃうと簡単に今生のお役目も終わってしまうのだなということなんだけど。よいとか悪いとかじゃなくて。これは私の年齢がジジイになったからだ。

何年前だったか忘れてしまったけど、もう本当にずいぶん前に、キムタクと共演していたアイスホッケーのドラマをたまたま見て初めて知ったのだけど、目がきれいな女性だなと思った。

東大卒、農家の右腕になる。 小さな経営改善ノウハウ100を読んだ。なんだかすごく久しぶりに自分をあまり飾らない人の本を読んだような気がした。この本、売れるだろうなと思う。

電車の中で読み始めたら、あっという間に目的駅まで着いてしまった。人は誰でも見栄っ張りでよく見られたいと思っている。そして、今はいろいろな世の中の仕組みが壊れている最中でもある。正直でいることは結構むずかしい。

昔、とても優秀で美人な女性と組んで仕事をしたことがあるが、「なぜ私と給料が違うのですか?」と聞かれて、明快に答えられなかったことがある。彼女はわれわれの小さいビジネスの会計もしていたのだ。

もちろん、当時の彼女にできないことで私ができたことは多かった。しかし、本質的な差はなかった。そんなことを当時少し「じくじく」と思ったので覚えている。それは私が若い時に上司に対して思ったことと全く同じだ。

ついでに図書館から借りてきた邦人奪還: 自衛隊特殊部隊が動くとき が面白くて、視力が悪くなりつつあるのに困ったものだ。

この間の日曜日に終わった「半沢直樹」の最終回の平均視聴率が関東地区で32%だったとか。前回は見ていなかったけど、今回は私も見た。筋書きはそれほど面白いというほどではなかったが、不正を暴くことが難しくなっているような時代のカタルシスなんだろうなと思う。

会社でも世間でもよくあることだが、「これは間違っている」と思って現体制に反対しているかのような人たちと友達になったら、もっとひどいことになるのは普通だ。本当に。(笑)

今の時代に必要なのは、他人に自分を委ねないことだと思う。

最近、メモ代わりに持っているリコーのCX-3がいよいよダメになってきた。リコーのCXシリーズは、知る人ぞ知るなかなかよいカメラだった。iPhoneの高性能が全てのポケデジを駆逐してしまったのだが、リコーのCXシリーズを何台も使って来たので、中古でもほしいなと思っている。

少し前は彼岸花が咲いていた。

目黒不動尊にいくと、秋らしい雲が浮かんでいた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました