武蔵小山から駒沢公園40キロ

天気予報が外れてよい天気になった。今日はサイクリング日和だ。8時に目が覚めて、早速ヨガを始めたのだが、ふと、ふくらはぎを揉んでみようと思って、この間買ってきた「スポーツ選手へ告ぐ!強者弱者はフクラハギで決まる」(原田秀康 福昌堂)を開いてフクラハギを揉み始めた。

ふくらはぎはそれほど張っていないようには感じたが、膝の裏側がやはりだるい感じがする。それを揉んでいるうちに時間がどんどん経って、今日の多摩川サイクリングは中止である。

どうも、この本によると、ふくらはぎが血の巡りに重要な場所らしい。ふくらはぎが固く張っていると血液が心臓までなかなか戻らず、結果的に血の巡りが悪くなってしまうのだそうだ。自転車をこぐ姿勢というのも、不自然な姿勢ではある。

自分のふくらはぎを揉んでみると、結構痛い。しかし、本によるとプロに揉んでもらうととんでもなく痛いらしい・・・。ちょっと興味がある。疲労回復を始め、ケガや病気の回復と体の柔軟性にとても関係があるらしい。

午後から足を揉みながらテレビを見ていたが、フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組で、北海道の知床付近でヒグマが人里に降りてくるようになってしまったというような内容をやっていた。番組では知床の番屋(漁師が泊まる小屋)が写っていたが、番屋、よいですな。

私はああいう隔絶されたところで生活するのも好きである。ただし、戻ってくる賑やかなところがあればという条件つきですが。ラジオと本と酒があれば私の場合は大丈夫なのだ。過去に実験済みである。

今日は15時過ぎから、まずは武蔵小山に買い物に行った。ネットで見つけた自家焙煎のコーヒーを買いに行ったのだ。やなか珈琲店というところが、注文を受けてから焙煎してくれるらしいので、試しに買いに行ったのだ。焙煎したてのコーヒーは実に香りがよい。しかし、このお店、実にわかりにくいところにある。

そのあとは、いつものコースである。目黒不動尊に行って、お参りし、門前の和菓子屋さんで、おはぎと草餅を買ってから、山手通り経由で中目黒八幡神社へ。水を久しぶりに汲んでから自宅に戻り、これで10キロである。

自宅で少々休憩してから、今度は駒沢公園へ。早速コーヒーを飲んでみた。さすがに香りがよくて、粉もよく膨らむ。ただ、煎り具合は、もっと深煎りしてもいいかなという感じであった。今度指定してみよう。公園へは、寒いので厚着していった。今晩からだいぶ冷え込むそうだ。あと30キロ走ると総走行距離が8000キロをこえる。今日はそこまでで終了だ。

公園はガラガラ。室内トレーニングルームもガラガラ。風が結構吹いていて寒い。今日もゆっくり走る。午前中から念入りに揉んでいたふくらはぎはというと、どうも揉み返しというやつがきたみたいで、逆に張っている感じだ。別に痛くはないのだが。

人がいないので順調に周回する。寒いのでバスケットやサッカーをやっている若者も今日は帰ってしまったようだ。半地下の室内競技場ではなにかの競技の準備をやっていたようだ。体操か何かのように見えた。外から地下におりていく駐車場があるのだが、今日はその先の体育館まで設営のために全部見えていたのだ。

周回を終わって、最後の1周はデジカメを出して撮りながら走ろうと思ったのだが、今日はコンパクトフラッシュを入れ忘れていた。すまない、今日は画像無しです。

本日の走行距離40.44キロtotal 8001.6キロ
本日の体重:67.4㎏
本日の体脂肪:20%

スポンサーリンク