久しぶりに乾いた空気の一日

6時起床。6時半から9時くらいまで一仕事。自分のためならサボるが、人のためだと少し頑張れるものだ。その後、目黒不動尊へ。曇りと晴れが交互に繰り返す天気だ。

自分のこともいろいろ祈るが、大きな地震が来ないようにとか、コロナのことも毎回早くおさまって下さいとかなり真面目に祈っている。コロナはワクチン大規模接種が始まったようだ。

ただ、現在、アメリカではコロナを打つと宝くじが当たるキャンペーンをやっているそうだ。日本のような国民皆健康保険制度がないアメリカで、これは不思議というか、かなりおかしな感じがする。

5月なのに湿度が高いせいか、蚊がいる。いつも午前4時くらいになるとプーンと飛んでくる。

午後から晴れて暑くなった。空気がどんどん乾いて行くのが分かる。久しぶりによく晴れた。やっと5月らしい陽気がもどってきた。

夕方、世田谷の図書館に予約していた本を取りに行ってから駒沢公園へ。人が多かった。気持ちが分かる。このところ毎日必ず降っていたから、みんな乾いた空気を味わいたいのだ。

みんなエチケットでマスクをしているが、外なら気にならない。外で感染するなら、通勤電車でとっくに感染して、相当広がっているはずである。

飲食店で感染(?)するのは、特にカラオケを使っている店は、防音のため空調が悪いからだと思う。多分、会社より空気の循環が悪い。

4月だったか、ドクダミが咲いていたが、また咲き始めている。しかし、よく考えてみると、今頃咲くのが普通だよね。

初夏という感じがピッタリな道。流しているだけだけど、本当に今日は気持ちがよかった。

気をつけていないと、いろんな人と疎遠になる時代。私は今のところ、ドコモのガラケーでカケホーダイだけを使っている。北海道から沖縄、小笠原まで月定額でかけられるのが魅力だ。5分とか10分無料では用件だけしか伝えられない。人の会話は、「グタグタ」がよいのだ。

LINEは嫌いなので、飲み会の連絡以外ほぼ使わない。FaceBookはくどくてあまり好きでない。ツイッターがさっぱりしていて見やすくて好きだ。

最近、ツイッターで教えてもらって、DuckDuckGoという検索エンジンを知った。

DuckDuckGo — Privacy, simplified.
The Internet privacy company that empowers you to seamlessly take control of your personal information online, without any tradeoffs.

私は、グーグルが登場した1998年頃、かなりヘビーに使わせてもらった。その頃、糸川英夫さんの本を読んで、イスラエルの農法に興味を持っていたのだ。ところが、その頃の検索エンジンときたら非力で、Yahoo!では英単語を入れても何も分からず、(当時の)インフォシークでは、たくさんのゴミのような検索結果のなかから、ほしい情報を得ていた。

しかし、グーグルは、本当に知りたいことをピンポイントで教えてくれる検索エンジンだった。心の底からすごい時代が来たなと思ったものだ。

ところが、DuckDuckGoを少し使ってみると、グーグルの検索結果とかなり違う場合があることが分かった。

ネット通販は、アマゾンと楽天とヨドバシを使っているけれど、検索エンジンも、何社かあった方がいいなと思って、並行して使うようにしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました