長引くのかもしれないなと思いながら30キロ

スポンサーリンク

5時起床。今日は雨が上がって晴れて気温が上がるそうだ。今日はすぐに作業開始。

日曜日も天気がよかったが、駒沢公園に行くと混雑していて、3周で走るのを止めて帰って来た。土曜日にひどく降ったので、みんな一気にでかけて来たらしい。どこの公園も似たようなものだったとか。

昨日、NHKか民放だったか、わざわざヘリを飛ばして上空から公園を撮った映像を流していたが、暇だなあというか話題がないのだなあと思う。

以前は、テレビでコロナ関係のニュースを見ていたが、最近は見ていない。Yahoo!ニュースで十分間に合う。今日どんなことがあったか知るだけだ。コロナが拡大中であるのはよくわかっているので、今日どこでどんなことがあったか知るだけでよい。

テレビは視聴率のためなのか煽る内容が多い。つき合って見ていると不安な気持ちになるだけなので見ないことにした。手を洗ってマスクをしてうがいをして、できるだけバスや電車に乗らず、必要以外にお店に行かず、接触人数を減らすこと以外できることはない。

ただ、人と直接話す機会が減ると、妄想モードになりやすいので注意が必要だ。以前、営業の仕事をしていた時、やばそうな時は必ず相手と会って話した。メールのやりとりは冷たすぎてだめ。電話は少しましだが、まだ足りない。自分が「わからんちん」になっている時もあるし、相手がだめな時もある。面と向かって同じ空気を吸うと解決できることが多かった。

午前中、買い物に行ったついでに、いつも行く市場に数日ぶりに行ったら休みだった。隣の乾物屋のご主人に聞いたら、ここのところ毎日朝から売り切れるまでお客さんが大挙してくるので、レジ打ちのおばさんたちが食事を摂るヒマもなく疲労困憊してしまったのだとか。

4月になる前、東京が封鎖されるのではないかとスーパーで買いだめする人が大勢いたが、今は感染者数は増えているものの、そんな心配はない。テレビの見すぎじゃないかと話していた。

私は、ツイッターをよく見ている。文字制限があるので、FaceBookのような間延びした記事が流れて来ないのがよい。詳細記事のリンクがたいてい貼られているので、大事そうだったらクリックして読む。

ニュースや新聞よりはるかに速い。

ただ、情報伝達のスピードが上がると、ニュースを流してくれる人に対して、子供の頃のような勘が頼りだなと思う。この人と友達になりたいかどうかと考えて、信用してよいのか悪いのか決める。

顔、文体、いろいろ判断材料はあるが、こういうのは面白い。

今日は夕方前に駒沢公園へ。人は少ないわけではないが、日曜日ほどではない。十分安全な距離を保てる。よくCMに使われるバスケットコートは、リングにブルーシートがかけられ使用不可になっているが、そこで中学生のグループがバスケットのような遊びをしていた。

土日の昼間は行かないことにしたが、やはり、30キロ走ると、いろいろなノイズが抜け始めていいなと思う。

これから大きく時代が変わるだろうなということと、コロナ騒動はそう簡単に終わらないことを感じるのは、大多数の人と同じだ。

ただ、自分が適応できるのかどうかわからないが、少しわくわくする気持ちがある。特に経済の仕組みが変わるような気がする。

イチョウの葉っぱはだいぶ大きくなってきた。細胞分裂は2の階乗だからここからぐんぐん大きくなる。

駒沢通りのイチョウ

総走行距離80962キロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました