土曜の朝はランナーが多い40キロ

5時過ぎ起床。ヨガをやってから目黒不動尊に散歩。だいぶ気温が下がるようになった。涼しいを通り越して寒い。境内で吸いこむ空気が、冷たくて気持ちがよい。

ヨガをやる時、いま左右のねじりをよく観察するようにしている。腰にずれがあるのだが、自分でできるだけ矯正したい。前より腰痛が出にくくなっているのは確かなのだ。

ヨガ自体はもう習慣になっているので、1年365日、よほど忙しくなければ朝起きてすぐやる。年を食って早起きになっているので寝坊することはまずない。1時間、メニューとして決めているポーズをやるのは何の苦労もないが、観察するのはまた別な神経を働かす必要がある。ぼーっとした気持ちでやっていられないのは少し負担なのだが。

とはいうものの、この時間に録画していた番組も見る。今日はプロフェッショナル 仕事の流儀「バレーボール全日本女子監督・中田久美」を見た。すごく面白かった。これはHDDから消去しないで保存しておこう。

仕事の流儀には、その人の生き方が現れる。 『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー番組です。

最近、あまり本を買わないようにしているのだが、論理が伝わる 世界標準の「書く技術」は買った。これはよい本だ。おまけにとても読みやすい。優秀な人が書いている証拠だ。

本に書かれているが、実際、学校でも会社でも文章を書く技術を教わる機会はほとんどない。しかし、ネット時代は読む物が飛躍的に増えて忙しくなっていて、読みやすく、できるだけ短い文章量で短時間で伝えるように書くのは礼儀だと思う。

もう一つ趣味のように続けているのは、包丁研ぎだ。先日、ちょっとした思いつきで力を抜いて手前に戻すときに研ぐようにしてからきれいに刃がつくようになったような気がする。まだ気がするレベルなので、完成度を上げたい。切れる包丁で料理をすると気持ちがよい。

帰ってコーヒーを飲んでから駒沢公園へ。今日は実家に行くので先に走っておくのだ。朝の駒沢公園は、ランナーがとても多い。今日は高校生の陸上大会があるらしく、おそろいのジャージを着た高校生もたくさん走っていた。

10月の下旬になるが、なぜかアジサイの葉っぱが青々としている。先週だったか、中目黒で桜が咲いていたというニュースを見たような気がする。

ゆっくり走る。走り始めは時速17キロくらいだ。かなりゆっくり。そのうち、体の循環がよくなると適当なスピードに落ち着くのだ。

先週からまた思い出したのは、長い距離を走ることだ。走り始めて20キロくらいになると、からだが拒否するというか、飽きたとか嫌だなという感情が湧いてくる時間帯がある。

それを超えると、どこまでも走って行けるような気分になる。このときにいろんな感情とか体の中のいらないものが解消されるような気がする。

前に勤めていた会社で同僚がいくらも走らないうちに高価なロードバイクを手放していたみたいだったが、多分、適切な距離を見つけられなかったんだろうと思う。

私の場合は、走り始めて30キロを過ぎたら確実にどこまでも走って行ける「気分」の状態が来る。

今日は補助競技場ではサッカーの試合をやっていた。

10月も下旬になった。毎月思うが、時間の経過は早い。だいぶ葉っぱの色が変わり始めた。

総走行距離72507キロ

スポンサーリンク