冷たい風が吹いて寒かった42キロ

6時前起床。ちょっと寝坊した。ヨガを少し念入りにやった。今日は風が強くて寒いらしい。いつもは目黒不動尊に散歩に行くが、少し作業をした。

10時に図書館に行って本を受け取り、それから駒沢公園へ。

晴れているが確かに寒い。冷たい風が強い。梅はこの通り遠くから見ても咲いているのが分かるようになった。

駒澤大学前

紅梅もだいぶ咲いたが、後ろの白梅もかなり咲いた。こちらは枝がだいぶ剪定されている。

散歩している人は梅を見るとたいてい寄っていく。かなり香るようになった。スマホを向ける人も多い。この場所は日が当たると暖かい。

東京(関東?)はもう2ヵ月くらいまともに雨が降っていなくて乾燥しまくっている。そのせいなのか(?)、走っているとのどがイガイガして、鼻水が出てくる。乾燥しすぎているせいなのか、花粉が飛んでいるのかわからない。

最近、NHKEテレの「移住50年目の乗船名簿」を楽しみにしている。

NHKドキュメンタリー - 半世紀かけて撮った人生 ついに放送 ETV特集「移住50年目の乗船名簿」
半世紀続く取材 移住50年目の乗船名簿

相田洋さんの作る番組は、電子立国日本の自叙伝からずっと見ている。電子立国日本の自叙伝と新・電子立国とマネー革命は本も買って全部保管してある。

「移住50年目の乗船名簿」もすごくよくて、人生はとても短いということがよくわかるが、とても勇気づけられる。NHKの番組は、何でもかんでもよいわけではないが、こういう番組を作るのは民放では無理だろうなと思う。

2003年に本が出ているが、いまは番組放映中につき、アマゾンでは古本にひどいプレミアム価格がついている。図書館で借りよう。

いつものように4周すると10キロになるので、4周を1セットにして走る。これは何か調子がよい。精神的に安定して10キロずつ刻んで走る感じになる。

いま、全豪オープンテニスをやっているけど、選手はどうやって平常心を保つのかとても興味がある。私が若い頃は、日本人は外人選手に勝てないのが当たり前だと思われた時代だった。

いまは若い人が世界で活躍する時代だ。体の大きさも昔とは違っているけれど、勝てないのが当たり前だと思っていたのは何だったんだろうと思う。

走っているうちに、あやしい雲が出て来た。関東でも今晩雪が降るかもしれないという予報がでていた。

ちなみに今日は新しい体育館で、第14回ボルダリング・ジャパンカップが行われているらしいが、予選だからか人の出入りはあまり感じられなかった。

第14回ボルダリング・ジャパンカップ - 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

総走行距離74398キロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました