今年は花粉症が大したことはないと思ったが間違いだった40キロ

スポンサーリンク

少し書くのをさぼっていたら3月になっていた。

5時半起床。以前は6時半を過ぎないと明るくならなかったが、今は6時になると明るい。目黒不動尊に散歩に行ったら、くしゃみ連発で止まらない人がいた。

私も花粉症なのだが、今年は大したことがないなあと思っていた・・・。朝だけは。花粉症対策で、ヨーグルトではなく、米麹を食べている。甘酒をつくってもよいのだが、うちは玄米を食べているので、白米は別に買ってこないといけない。それが少々面倒くさい。

麹は真菌で、乳酸菌のような細菌に比べて細胞自体が大きくてミトコンドリアも持っていて高機能なのである。

酵素不足なら米麹を食べたらよいのでは?
酵素サプリや酵素ドリンクを説明するページを見ると、相変わらず酵素栄養学の話が多くてうんざりします。そこで、この記事では酵素不足を気にする人に1キロ1000円くらいで買える米麹を食べたらどうかという提案をします。米麹は増やすことができて食べら

最近、保江邦夫さんの神代到来:誰もが手にする神通力と合気を読んだが、とても面白かった。アマゾンのレビューでは、トンデモ本のような扱いだったけど。前書きでも出版社側があらかじめブレーキをかけていて、良識ある方にゲラを読んでいただいた感想を載せている。

私はかなり疑り深い性格だが、世の中に不思議なことがあるのは何度か経験している。

山小屋で働いていた時、宿泊客のいない夏の夜、同僚と2人でウイスキーを飲みながら、ありったけの手持ちの怪談大会をしていたら、はしごも何もついていない2Fの冬期ドアを開けて廊下を登山靴で「ドン、ドン、ドン・・・」と別次元の人が数歩、歩く音がしたのはまだかわいい方だ。

周回を始めると、沈丁花の香りが強く、その他に何かにおいが混ざっているような感じがする。春なので生命活動が活発になっている。

そのうち目が何となくかゆい感じがしてきた。駒沢公園を歩いている人の中にマスクをしている人はたくさんいる。

梅は盛りを過ぎて花に勢いがなくなっていた。ただ、花が咲いていると明るいので人が集まっている。気がつけば3月上旬も終わりなのだが、天気予報で桜の開花予報がでていた。もう10日もすると咲くらしい。

桜の花芽がどのくらいふくらんでいるかそばに寄って撮ったが、まだこの通り。ところが、この場所で鼻が反応してくしゃみ連発だった。

駒沢公園のシンボルである塔。なぜか池の中に立っている。昔の本を読んだら、この塔は、昔の東京オリンピック当時、水を供給する役割もあったそうだ。テレビ中継用のアンテナもあったらしいが、今は中継車が来ているので、上にはそれらしいアンテナはない。

ちなみに、中にはエレベーターがあるそうだ。

帰宅後、顔を洗ってついでに目も洗うとすごくかゆい。どうやら室内に入った時に花粉とホコリが混ざると強力にかゆくなるようだ。

総走行距離75122キロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました