やっと雨が上がった40キロ

スポンサーリンク

このところ毎日のように降っている。湿度が高い日が続くと体がだるい。昔、温湿度がかなりコントロールできる密室のような空間でほぼ1年仕事をしていたことがあるので、湿度について自分なりに感覚的に理解できるようになった。

気温が30℃以上あっても、たとえば35℃でも、湿度が30%程度だったらかなり快適に過ごせる。水を補給する必要があると思うが、汗をかかない。しかし、湿度が50%あるともうだめだ。どよーんとして暑くてかなわん状態になる。

湿度が高い時は、自分で動いて汗をかくに限る。スパイスカレーを食べるのも効果的だ。ジャワカレーのテレビCMで、シシトウ入りなのがうまそうで久しぶりに買って来た。しかし、スパイスカレー愛好家としては刺激が足りないので、何種類かのホールスパイスとS&Bの赤缶を加えたら味が締まった。

私はヨガはほぼ毎朝やっているし、カレーも好きだし、シタールと打楽器が入る即興性が高いインド音楽も嫌いではない。しかし、インドに行きたいと思ったことは一度もない。私が学生だった1980年代の初めは、インドに行くのが流行っていたが全く興味がない。なぜなのかわからないけどご縁がないのだろう。

体がだるいときに「だらだら」していると気分が落ちるので、降っていなければ走るようにしている。ともかく、気分がよくなるまで走るのだ。

若い時は、タバコを吸ったりコーヒーを飲んだり酒を飲んだり音楽を聞いたりすれば気分転換ができたが、年齢が上がるとそれでは間に合わなくなるようだ。体を動かさないと、自分で考えている「よい人」でいられないような気がする。

今日はやっとこさ雨が上がったので、駒沢公園へ。

調子がよくなるまで走るつもりだ。湿度は高いが気温は低い。種類がわからないがセミが鳴いていた。

自転車で走るときは、頭がすっきりして、気分がぐっと上がるまで走るに限る。だいたい腹が減ってくると気分は上がるものだ。

アジサイも元気いっぱいだ。

あじさい

今日も土踏まずを意識して左右差がないように均等にペダリングする。しばらく経つと、右膝が痛くなってくる。右足は足首から少し曲がっているのがわかっているのだが、右膝の中にもクセがついているようだ。

しかし、足裏の感覚のバランスを意識しながら走ると、上半身、特にハンドルを握る腕にも影響がある。肩の凝り方にもよい影響がありそうだ。

途中でチネリのフレームにえらく太いタイヤを付けた人が走っていたが、あれはロードじゃなくてシクロクロスなんだな。

図書館から夢枕獏さんの東天の獅子〈第2巻〉天の巻・嘉納流柔術を借りて来た。実は第1巻がリサイクル図書になっていて、もらってきて読んだらすごく面白かったのだ。

画像調整したら、少し明るくなってしまったが、どよーんとした梅雨空だ。

塔

今週はこれで80キロと少し。明日は雨らしいので、日曜日走れるといいな。カラッと晴れた日が続くまで、カレーをまめに作ろう。

総走行距離77118キロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました